最新無料ゲームの麻雀情報:“モバゲーの手本”ハンゲームに聞く、アバター仮想世界の作り方

-KEYTEMP-0>
 「モバゲータウン」など無料ゲームとアバターSNSを連動させたコミュニティーが流行しているが、こういったサービスが「参考にした」と口をそろえるPC-KEYTEMP-3>がある。1999年に始まった「ハンゲーム」だ。



 無料でゲームをプレイでき、アバターを使ったコミュニケーションが行える携帯電話向け-KEYTEMP-3>が注目を浴びている。600万会員を突破した「モバゲータウン」が市場を切り開き、続いて携帯専用SNS「EZ GREE」もゲームとアバターを導入。mixiの携帯サービス「mixiモバイル」も、ゲームやアバターの導入を検討している。



 「ゲームとアバターの組み合わせは、われわれが元祖ではない」――モバゲータウンを運営するディー・エヌ・エー(DeNA)モバイル-KEYTEMP-4>部長の守安功さんは言う。--INSPAGE_START-->

-KEYTEMP-1>■


--INSPAGE_END-->グリーの田中良和社長がこのモデルのルーツと考えているのも、モバゲータウンではない。



 2人が「参考にした」と話すのは、2000年にスタートした、NHN JapanのPC向けオンラインゲーム-KEYTEMP-3>「ハンゲーム」だ。登場当初からゲームとアバターコミュニティーを融合。10代を中心に人気を集め、登録会員数は2000万人を超え、最大同時接続数は12万4000人に上る。



 ゲームとアバターコミュニティー。一見つながりが見えにくいこの2つはどのように結びついたのだろうか、また、アバターはなぜ人気で、アイテムはなぜ売れるのか。NHN副社長の森川亮さん、ゲーム-KEYTEMP-4>部長の梶原秀樹さん、-KEYTEMP-3>運営-KEYTEMP-4>部長の日高和俊さんに聞いた...



-KEYTEMP-2>



(引用 livedoorニュース)

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。